やしないやしなわれるもの

 

ここのところのわたしについてをだらだら書きます。

 
長期でおやすみをいただきました。
年末に倒れ、静養に入ったあとに気づいたのですが、神経の傷みをもう隠しきれなくなっていたようでした。湾曲したガラスの塔が自重に負けて頽れるような、そんなことなのだろうと思います。
年が明けてから外に出た時間を全部足しても三分くらいでしょうか。
ずっとおうちにいます。

 
記憶の溶液に浸り、神経に響く電気信号をそっとつかまえて、流れ込んでくるエピソードを書き出すということをやっています。
読める文章になったものはこちらに上げていこうと思っていますが、どうも金魚すくいみたいなもののようだから、どうなるかは。

 

なんとなくマイブームが来て、よく聴いている音楽ちゃんたち。

DAOKOちゃんの澄んだ声。
寒い日の朝帰りなんかに最高そう。お友達に誘ってもらったイベントに行けなかったのを悔やんでいます。

 

Ykiki Beat
盛大に売れる前から知ってたよぶりたいので書きますが、二年前、ワイキキさんの同期のバンドさんにお勧めされて聴き始めたのでした。
いま、このあたりの世代がとてもにぎやかですね。

 

Yasei Collective
ひさしぶりに聴いて。シビアでかっこいい。


Rude Ruth
ざっと見たけど日本語のページがないようですね(困った)。
ジャズの印象が強い(らしい)ジュリアン・レイジとマーガレット・グラスピーの二人組。無知なのでどちらも存じ上げませんでしたが、泣きたくなるほど美しいです。

 

Sia
Chandelierで日本でもポピュラーになったように思いますが、認識合ってますか。
極上のポップミュージックといったらもう何を捨て置いても前作とこの曲が浮かびます。
変にひねていた時期はすっかり終わって、POPもショービズも万歳です。

五年くらいまえからでしょうか。
「ポップネスを受け入れる」ということと「豊かさ」について考えています。
それから、前に食事をしたことのある男性が「今年のフェスはどこに行った?」と聞くので、「どこにも行かなかったよ。アイドルを見にa-nationくらいかな」とこたえたら、せせら笑いの顔で「俺みたいな本物のフェスを知ってる人間から言わせると、そういうのはさ…」と返されたときのことを今でも思い出して笑います。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中