【お知らせ】拙著「お姉」をAmazon Kindleストアにてリリースしております(無料キャンペーンあり)

 
おつかれさまです。
みなさん、なんかいいことありましたか?
ありましたか、そうですかそれはよかったですね
(あちゃーの顔をしながら)。
なかった?そうですか、あなたはやさしいひとですね。
 

さて話は大幅に変わりますけど、
いろいろあって眠らせてあった原稿を
このたび思いつきでAmazon Kindleストアでリリースしております。
 

cover
(画像クリックでAmazon商品ページに飛びます)
 

タイトル「お姉」。
二丁目じゃない方のそれです。
 

6/3(水)16:00〜6/8(月)04:00まで無料キャンペーンを行います。
 

「Kindle持ってないわぁ」という方、ノンノン。
スマホかPCがあればKindle無料アプリ
(https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page)
をダウンロードすることで読むことができます。
KDPの出版の手順はあいかわらず
「……」と無言でじんわり嫌な汗をかいてしまうところが多々あるのですけど、
乗り越えて強くなりましたのでよろしくねって思う次第です。
 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 

さらっと内容なども。
Amazonの紹介ページでは
 

【内容紹介】
苦い過去から逃れるように西の故郷を捨て、東京に出てきた姉弟。
要領の悪い姉を疎みつつも都会の真ん中で平穏な暮らしを享受していた惺(せい)は、ある日一本の電話を受けたことで己の過去と向き合わねばならなくなっていく。
故郷や家族について、愛だけではないものを抱えたことのあるひとへ。
 

…となっているのですが、ちょっと不安が。
 

本作にはわたしがごくごく子どもの頃に住んでいた地域が
下敷きになっているエピソードがたくさんありまして、
それがだいぶスパイスが効いたというかハバネロが効いたというか
結構パンチがある土地だったようなので
みなさんの「故郷」とはだいぶ毛色の異なるところがあるかもしれません。
…あると思います。
いや、ある。
 

でも故郷に限らず、人との関係性や家族の絆についても
そこから抽出される湿度や温度に関しては、
「ちょっとわかるぞ」という方がいてくださったら大変心強いです。
 

広告

【お知らせ】拙著「お姉」をAmazon Kindleストアにてリリースしております(無料キャンペーンあり)」への2件のフィードバック

    • えー!ダウンロードしてくださっていたの。
      ありがとう^^
      ぼちぼち知ってる方からも知らない方からも感想などをいただいてて、
      それだけでもとってもうれしいのだけれど
      わたしが知る限り一番の才女におもしろいなんて言ってもらえて心底光栄です^^

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中