粗熱の冷めない夜に

 

叶わない夢を見たら、
分不相応なものを追えば、
きっと罰が当たる。
「一生懸命」という美徳をバカみたいに信じ抜くうちに
心身はいつのまにか朽ちていき、
乾涸びて皺くちゃになった指をじっと見つめるんだと思う。
 

舌の裏にお酒を入れて、
効率よく酔っぱらうようにする。
1,2,3,
1,2,3,Drink.
そんなフレーズがステレオから。
 

unnamed-3
 

キリスト教異端のグノーシス主義ってやつによると
この世界をつくったのは悪神でね、
わたしたちは悪神のつくった地獄にいて
魂も肉体という牢獄にとらわれているの。
この世界の外に真の神がつくった世界があるらしくて
そこへ向かうには妨害に打ち勝つ真の知識と認識とが必要なんだって。
わたしは賢くなりたかったな。
膨大な知識とそれをうまく使う知恵が欲しかった。
 

でもわからないね、
そんな賢かったらそもそも誰かがつくった世界観を
信じることさえなかったかもしれないからね。
ただ抜け出したいだけだよ。
魂と肉体のつながりを切って、
ここから抜け出したいだけ。
 

unnamed-1
 

冷たい夜にカーディガンを羽織り直して、
ハイヒールを道のでっぱりに引っ掛けて悲鳴をあげたら
車から男が冷やかす声が聞こえる。
わたしたちは腕をさすりながら、
肩を寄せ合ってコンクリートを歩く。
 

あと二時間で夜が明ける。
こんな風に人生にも明けがあればいいのに、
と言ってごまかすみたいに笑う。
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中